横浜で注文住宅を建てる時に失敗しないためのポイント

横浜で注文住宅を建築する場合、どのように設計をしていけばうまくいくでしょうか。また、どのような業者を選んだらうまくいくでしょうか。住宅を建築する場合には、三回建築してようやく納得いく住宅ができるといわれています。このように言われる根拠は、住宅の建築は素人には難しく、プロフェッショナルな人が建築をしても100パーセント納得いくものは出来上らないほど奥が深いからです。素人であればなおさらのこと、一度建築しただけでは納得いくものは出来上らないかも知れません。ですが、本当に3回も建築する人はどれだけいるでしょうか。多くても2回住宅を建築して生涯を終えて行く人がほとんどです。中には一回も建築せずに生涯を終えるかもしれません。一回の建築である程度納得するためには、知識が重要になります。

塩害について気をつける必要がある

横浜で注文住宅を建築するならば、できるだけその気候や地形に合った住宅が必要になるでしょう。例えば、海のそばであれば潮風が吹きますので、金属はさびてしまう可能性が高いです。せっかく新しい住宅を建てたのに、2,3年でさびが目立ってきてきたなくなってしまったら、後悔をするでしょう。特に金属だけでなく外壁なども塩害でやられやすいのです。もし、海から1キロ程度しか離れていなければ、潮風にあたる可能性が高くなり、さびや外壁の劣化が目立ちますので、できるだけさび止めの塗料を塗るようにしましょう。さび止めの塗料は、酸化を防ぐようにアルカリ性が多く含まれています。つまり酸性とアルカリ性で中和をしてさびを止めるわけです。このような塗料もありますので、一度使ってみてはどうでしょうか。

高台に住宅を建築するときのコツ

横浜には、海から少し遠のいた内陸部分に高台があります。高台で注文住宅を建てる場合のポイントは、耐震性に強い住宅を建てることです。もともと高台は地盤がしっかりしていることで有名ですので、建物さえしっかりしていれば大きな地震が来てもそれほど問題ありません。ですが、造成地などは地盤が緩い可能性があります。例えば切り土や盛り土をしている場合は注意が必要です。切り土の場合は、地面を少し削り平べったくすることによって住宅を建築しやすくしています。ですが削っている部分は崖になっていますので土砂崩れの危険性があります。地震が来た時には倒壊の恐れもあるため、そこを重点的に補強することが大事です。逆に、盛り土の場合は土をもっているだけですので地盤が弱い可能性があります。その場合には地盤を強化した方がよいでしょう。