天カセ式エアコンのデメリットとは何か

エアコン購入を考える際に、まずイメージするのは、壁掛けタイプの家庭でよく使われているエアコンではないでしょうか。実際に、家電量販店でも、各メーカーの畳数に合わせたエアコンがたくさん並んでいるのをよく見ます。また、店舗やオフィスなどで見かける業務用のエアコンを見ていると様々なタイプがあります。床置き型のスリムな形のタイプや、部屋にいる人には分かりませんが、ダクトを通して冷気を送るタイプなどもあり、場所を取らず人気のエアコンです。そんな中でも、主流になっているタイプのひとつが天井に付いているタイプです。これには主に、天井吊り下げ式と、天井カセット式があります。今回は、数あるエアコンのタイプの中でも、天井カセット式、いわゆる天カセ式を選ぶ際のポイントについて紹介します。

天カセ式エアコンは家庭でも利用できる

天カセ式のエアコンは、その名の通り天井に埋め込んでしまうので、空間をスッキリと広く見せる効果があります。スタイリッシュな仕上がりにもなることで、人気のあるエアコンのタイプになります。業務用で販売されていましたが、最近では家庭用でも販売されるようになりました。まだまだ壁掛けタイプが多いですが、注文住宅で建てる人の中には、天カセ式のエアコンを選ぶ方も増えてきています。他にもメリットとして、壁掛けタイプが一方向に風を流すのに対して、天カセ式は、二つの方向や四方に冷気を送り出すことが可能なので、広い部屋を効率良く室温調整することが可能です。大きな部屋の場合だと、風の流れを効率良くすることでパワーセーブできるので、結果的にエアコンの電気代を節約することにもつながるのです。

天カセ式エアコンのメリットとデメリット

天カセ式のエアコンであれば、複数設置しても室外機はひとつで済みますし、室外機の設置場所も選ぶことができるので、その点に関してもメリットは大きいと言えます。ただし、壁掛けタイプに比べてメンテナンスが面倒になってしまいます。天井に埋め込まれているので、フィルター掃除をするだけでも、それなりの労力が必要になってきます。業者に依頼することも可能ですが、その分工賃が必要になってくるので注意してください。また、注文住宅など新設で天カセ式のエアコンを設置する場合は、事前準備を進めた上で工事をすることができますが、既存の建物に後付けしようとなると、穴をあけて設置することになるので大がかりな工事になってしまいます。ですので、後付けもリフォームの際に行われることが多いのが現状です。