天カセ式エアコンならではの効果

天カセというエアコンを聞いた事はありますでしょうか。天カセとは、天井カセット型エアコンの略称になります。まずはエアコンの種類についてご紹介していきます。家庭用エアコンからみてみましょう。ルームエアコンと呼ばれるものは壁掛け型で、一般的にはこのタイプが利用されます。壁掛け以外のエアコンをハウジングエアコンと呼び、床置き型、天井埋め込み型、壁埋め込み型、フリービルトイン型があります。次に、業務用のエアコンです。天井埋め込みカセット型、壁掛け型、ビルトイン型、ダクト型、天吊型、床置き型、厨房型があります。その他、工場などで使われる大きなエアコンもあります。それぞれにメリットとデメリットがあり、適切な形というものがあります。それでは、天井カセット型エアコンについて詳しくご紹介していきます。

天井カセット型エアコンのメリットとデメリット

天カセのエアコンとは、フィルターや吸い込み口、吐き出し口などが一体となって天井に埋め込まれるタイプのエアコンになります。2方向または4方向に吹き出します。天井に埋め込むタイプですので、一般的には業務用として飲食店などでよく見かけます。しかし家庭用も存在し、自宅に取り付ける事も可能です。天カセ式のエアコンのメリットを挙げていきます。室内の景観がすっきりとします。部屋全体にエアコンの風が行き渡りやすい為、省エネ効果が得られます。室内から室外機へとつなぐ配管の場所を気にしなくても大丈夫です。狭い部屋でも設置場所を気にせず、天井を有効活用して取り付ける事ができます。次にデメリットです。ルームエアコンに比べると種類が少なく、価格が高いです。設置費用も高くなります。メンテナンスできる業者が少なく、費用も高くなります。

天井カセット型エアコンのもたらす効果について

天カセ式のエアコンは基本的には費用が高くなる傾向にあります。天井に穴を開ける必要がある為、設置費用も高くなるのはうなずけます。ルームエアコンは壁に取り付け、吹き出し口はひとつです。それに比べて天カセ式になると、吹き出し口が多くあり、部屋全体をムラなく素早く冷暖してくれます。その為快適な空間が出来上がりし、省エネにも繋がります。部屋の端に設置するしかないルームエアコンに比べて部屋の真ん中に設置する事も可能な為、景観を損ねず自宅をより良い空間にしてくれます。費用はかかりますが、最近では家庭用でも天カセ式を選んでエアコンを設置する家庭が増えてきています。それに伴いメンテナンスも業者が増えていく可能性もあります。壁掛けエアコンに比べてメリットの大きい天カセ式のエアコンを自宅に検討してみては如何でしょうか。