選ぶとここが良い天カセ式のエアコン

エアコンには様々な種類があります。大きさ・形は勿論、設置する場所によって適したタイプがあります。家庭で最も多いタイプが、壁上方に設置する「壁掛け型」のエアコンです。一方、オフィス等で見られることの多いタイプが「天カセ式」のエアコンです。天カセ、とは、天井カセット型の略で、天井に埋め込まれたエアコンのことです。家庭では「壁掛け型」に比べると採用しているところは少ないですが、家庭用のそれもあります。2~4方向、機種によっては360度にも吹き出すので、室内の温度にムラができず空調が安定するのが特徴です。それ故オフィスや飲食店等比較的広いフロアでよく採用されています。また、天カセ式はその名の通り天井に設置されている仕様の為、お掃除機能等のオプションがついていたり手元で空調の調整もしやすい機種が多いようです。

天カセ式のエアコンはインテリア重視の部屋に最適

天カセ式のエアコンの良い点は、まずは見た目がスッキリするということです。天井埋め込み型の為、本体が余計に出っ張ることもなく存在を主張しません。エアコン本体は、設置されると意外と気になるものなので、天井と一体化されているのは大きなメリットです。壁もフリーになるので、エアコンの位置を気にせず、インテリア等で壁を有効利用することが出来ます。静かなオフィスや、お洒落なレストラン等、空間を大切にしたい施設には大変お勧めです。その他にも、壁掛け型ですと配管や電源の位置等によって設置場所が決まってしまいがちですが、天カセ式は気にしなくてよいのです。設置する際は、本体を含め全てが天井内部に埋め込まれる為、新規設置の度に工事をすることになります。天カセ式のエアコンは温度センサー等空調を安定させるオプション機能がついているものが多いので、多くの人がいる空間でも快適に過ごすことが出来るでしょう。

天カセ式のエアコンの設置とアフターメンテナンス

何度も言いますが、天カセ式エアコンは天井に埋め込まれるタイプのエアコンです。それ故、天井に埋め込むための穴を開ける工事が必須です。当然素人には危険で困難な作業になりますので、専門業者へ依頼することになります。下見から工事まで、壁掛け式より設置完了までに時間を要します。天カセ式エアコン本体のみならず、作業も通常2~3名で行う為、作業工賃も割高になります。部屋の中央に設置すると照明を別の位置へ配置しなければならなくなる為、事前にしっかり考えておかなければなりません。設置後も、壁掛け式に比べ、定期的なクリーニングや故障時の対応に費用がかかります。本体が高額なので、固定資産税も高額に評価されます。天カセ式エアコンにはこのようなデメリットもあります。メリット・デメリットをしっかりと確認して最優先したい事を明確にしてエアコンを選びましょう。